矯正歯科治療は八千代市の豊歯科にお任せ下さい。

047-482-0100

〒276-0033 千葉県八千代市八千代台南1-3-1
中央三井信託銀行 扇ビル4F
京成「八千代台」駅東口より徒歩1分

床矯正・矯正歯科

床矯正とは

床矯正は「歯を抜かずにアゴのスペースを拡げて歯を動かす場所を作る」矯正です。

鈴木 設矢氏著「抜かない歯医者さんの矯正の話」より

従来の矯正治療と床矯正治療の違い

歯列不正(歯並びが悪いこと)は上記で述べたような原因から起こり、特にその多くは歯の並ぶスペースの問題といえます。(悪習慣などにより数本の歯の向きのみが不正になってしまった場合などを除き)
矯正治療とは不正な位置・向きに生えてしまった歯を、正しい位置に動かす治療です。
そのためには歯を動かすスペースを作らなくてはなりません
そのことにおいては従来方法も床矯正も同じなのですが...

このように床矯正では従来の矯正と違い、健康な歯を抜かずに歯を動かすスペースを作ります。 例えば従来方法の矯正治療では、下記のような治療が行われることも例外的なことではありません。

従来方法の矯正治療でよく行われる処置

(例. 上アゴの前歯2本の並びが気になる患者さんの場合)
まず、前歯を動かす場所を作るために上アゴの奥のほうの歯2本(両側1本ずつ)を抜きます
。 次に、このままでは上下のアゴの咬み合わせが悪くなってしまう為、下アゴの奥の方の歯も同じように2本(両側1本ずつ)抜きます。

このように矯正のために健康な歯を抜かなくてはならないリスクだけでなく、
歯を抜いて出来たスペース = 前歯を動かしたい数ミリ?
という問題もあります。
多くの場合前歯を動かしたいのはほんの数ミリですので、歯を抜いて作ったスペースは大きすぎ隙間をうめる治療も必要になってしまいます。
床矯正治療では従来方法の矯正治療と違い、スペースのために健康な歯を抜くことはありません。
歯並びが悪くなった原因であるアゴのスペース不足という問題は、歯を抜いてスペースを作ることでは根本の解決になりません。
根本原因である土台となるアゴのスペースを拡げた上で、歯を正しい位置や向きに正す床矯正は、 より根本原因の解決につながる治療と考えております。

pagetop